江文也、太郎山に登る              江文也ーその1 

昨年の秋のはじめ、私は近所の友人と一緒に車で30分ほどの上田市にある太郎山に登った。彼女が本格的な登山の経験があると聞いて、太郎山に行こうと誘ったのは私だ。市民に愛されるこの小さい山には、もう半世紀も前、上田の高校にかよっていたころ級友と登…

ゲートルのこと

ぼくもいくさに征くのだけれど、という詩を書いて23歳の若さで戦死した竹内浩三。この詩にはこんな一節もある。 なんにもできず蝶をとったり 子供とあそんだりうっかりしていて戦死するかしら 1945年4月、彼はほんとうに出征先のフィリピンで死んでしまった…

ディアスポラ・その後 日本語教室で

土曜日の夜、町はずれの公園の一角にある文化センターへ行く。ボランティアによる日本語教室が開かれるのだ。私はボランティアスタッフとして日本語を教えるようになって、今年で3年目だ。 公園の駐車場で車を降りると、まわりの丘で花盛りのアカシアの甘や…

技能実習生 ヴンさん

ヴンさんは、1週間に1回ほど我が家にやってきて、日本語の勉強をする。元気よく自転車を飛ばしてきて、庭先でひらりと飛び降り、こんにちはと叫ぶ。ヴンさんはベトナムから日本にやってきて、1年半になるそうだ。仕事の合間をみて1日3時間勉強したそう…

台湾映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』 と 八田與一

台湾映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』を見に、隣町の映画館へ行ってきた。この映画は日本での評判がえらくいいと聞いていたが、ここでは観客はたった2人だった。内容は、1931年に台湾の嘉義農林学校(通称:嘉農、KANO)野球部が、まったく無名のチーム…

種まきの季節

信州にも遅い春がやってきた。 福寿草、クロッカス、水仙と春到来を告げる花が咲き出すと、その後は競うようにあちこちで色々な花が開く。と思うと木々も芽吹きはじめ、ほどなくあたりの山々も笑いだす、というわけだ。 そんなようすを見ながら、畑仕事を少…